稀覯本の可能性あり?|あなたの自宅に眠る古書、買取に出してみませんか?

あなたの自宅に眠る古書、買取に出してみませんか?

稀覯本の可能性あり?

ページが開いている本

貴重な古書というのは想像も出来ないような値段で取引されることがあります。
安い物でも数十万円、高い物になると百万円単位での取引が行われるような本も存在しているのですが、その中でも群を抜いて高い本として「稀覯本」と呼ばれる物があります。

通常の古書というのは名称の通り古い本、昔に作られた本ですが、稀覯本というのはそのような本の中でも滅多に見かけることができない本で、古写真と呼ばれるような昔の写真が掲載されていたり、ある人の為だけに作られた本、今でいう限定生産の本、もしくは偉人と呼ばれる人たちが利用していたメモ書きなどが稀覯本と呼ばれます。
このような本になると取引価格も数十万円では収まらず、海外のオークションなどで数百万ドルというような膨大な金額で取引されることもあるのです。
その様な本の中でも有名な物ではおとぎ話の「不思議の国のアリス」があります。
このおとぎ話の初版本が約150万ドルで取引された、というニュースを見たことがある人もいるのではないでしょうか。

このような稀覯本と呼ばれる本は非常に珍しく、世界中を探しても見つからないようなものも存在しています。
しかし、その様な本は「どうしてこんな場所から!」という、思いもよらない場所でみつかることもあるのです。
その為、もしも自宅に古書が何冊もあるのなら、もしかしたらその中には稀覯本と呼ばれるような本が混ざっている可能性というのも0ではありません。
もしも見つけることが出来れば億万長者になることも夢ではないので、自宅に古書がある人はその中に稀覯本が存在していないかなどを探していいのではないでしょうか。